中国人の家(2000年4月27日--中国滞在238日目)


さて、今回は中国人の家についてご報告。
これまで、数人の中国人のおうちに招待していただきましたが、
一戸建ての家は1軒もなく、みんな団地タイプです。
ほとんどの団地は外見が古くて、今にもくずれそう・・・
建物の入り口から階段、廊下、と明かりはほとんどなく、暗いのも気がかり。
でも、一歩家の中に入ると驚くほどきれいです。

1人暮らし(大学生)
ドアを入ってすぐは剥き出しのコンクリートのまま。
とても広く、そこに冷蔵庫が置いてありました。
普通はここがリビングルームかな。
奥に寝室。ここに小さなテーブルとテレビもあります。
トイレにシャワー(湯沸し式)もついているので、お風呂場(?)はとっても狭いです。
ホントにトイレでシャワーを浴びる感じ。
台所は縦長。水道、調理台、が並び、
突き当たりのドアを出たベランダ部分にガス台が置いてあります。

3人家族(若いご夫婦と赤ちゃん)
ドアを入ってすぐは、やはり剥き出しのコンクリート。
奥にリビングルーム、左手に寝室。
トイレは和式。洗面台や洗濯機も入るほど広いのですが、
なぜかシャワーは見つかりませんでした・・・
食事のときは、テーブルを出してきて、ドアを入ってすぐの
(剥き出しのコンクリートの)部屋(?)で食べました。
台所らしきものも見当たらず、どうしているのか見ていたら、ベランダで調理していました。
冬はどうするのか、不思議でした・・・

4人家族(ご夫婦と大学生の子供2人)
入ってすぐがリビングルーム。
割りと広くて、玄関から邪魔にならないところにソファのセット、
テレビ、カラオケセットなどが置いてありました。
左手が姉妹の寝室。左手奥がご両親の寝室。右奥が台所。
さらに、中国でははじめて見たのですが、バスルームはバスタブがありました! 
トイレはバスとは別に、その向かい側にありました。
食事のときは、玄関の扉のすぐ前にテーブルを持って来て、
即席のダイニングルームを作ります。
食後、テレビを見ながら、みんなでナッツやひまわりの種を食べたのですが、
中国人はみんな、カスを床に落としていたのでビックリ。
外でならともかく、自分の家の中でも・・・!? 
そして、食べ終わると一斉に立ちあがって、テーブルとイスを片付け、
みんなでほうきやモップを手に、一気に掃いていました。

3人家族(子供は小学生)
以前、「天津だより」にも書いた、春節にお邪魔したお宅です。
ほかのお宅と違うのは、ドアを入った後、部屋(スペース)があるのではなく、
廊下になっていたことです。
左側にリビングルーム、ダイニングルームがあり、右側に台所、バスルーム、さらに奥に寝室。

4人家族(おばあさん、ご夫婦、大学生の子供)
新しくできた団地です。
家は6階(最上階)にあり、この階だけは、中にさらに階段があって、2階建てになっています。
入ってすぐリビングルーム、奥に寝室、右手にダイニングルーム、
上階も広いリビングルーム、寝室が2つ。
ベランダがとても広く、春節には外に出ずに、このベランダで爆竹をやったそうです。
1階にも2階にもバスルームがあります。お風呂はやはりシャワー。
台所はやはり盜で、ガス台はベランダにあります。

どこのお宅もとてもきれいにしていて、物があまり多くないのが印象に残っています。
基本的に靴ははいたままですが、いくつかのお宅では、足が疲れるから、という理由で、
スリッパに履き替えていました。
靴をはいたままの生活のせいか、床に物を置くこともあまりなく、
それできれいにしておけるのかもしれません。

家賃に関しては聞いたことはありません。
ただ、留学生で外のアパートに住んでいる人もいます。
彼らが住むのは外国人向けのアパートが多いので、
中国人が住むところよりは多少は高いようです。
中国人用のアパートで1人暮らしをしている人は外国人料金を上乗せされて、月900元とのこと。
外国人用の部屋を2人で1部屋を借りている人もいて、
彼らは1ヶ月3000元くらいのところを値切って、1800元くらいになったようです。
また、先日引っ越した韓国人は3人で1500元と言っていたのでかなり安いですね。
ちなみに、私が今住んでいる部屋は1ヶ月約980元です。
こうしてみると寮はかなり高いかも・・・。


Hawmay's Room | 天津だより

mail to : hawmay@hotmail.com

メ ールもお待ちしています!